住宅ローン 借り換えだけじゃない、有利な方法。



仰天!自宅を無料で入手する裏技!

住宅ローン返済計画

住宅ローンのシミュレーションを利用したことがありますかローンの返済額がいくらになるか計算してくれるとても便利なサービスです。
返済計画をしっかり建てるためにも、シミュレーションで具体的な数字を出して検討すると良いでしょう。
シミュレーションを行うことができます。
検索サイトで「住宅ローン シミュレーション」と入力して検索してみましょう。
シミュレーションができるホームページが出てきます。
借り入れ希望額、返済年数、金利を入力して、「計算する」のボタンをクリックすると、毎回の返済額が出てきます。
シミュレーションを行うことができますので、いくつか検討している住宅ローンを比べることが出来ます。
住宅ローンだけではなく、将来金利が変わる固定金利選択型の住宅ローンの将来の返済額を出すこともできますので、便利です。
金利が上がった場合もシミュレーション出来ます。
posted by 123うさぎ at 21:26 | 住宅ローン返済計画

住宅ローンの金利は固定と変動?

住宅ローンを借りる時に迷うのは、金利の選び方です。住宅ローンは金利によって返済額が大きく変わってきます。
固定金利を選んだ方がしれませんが、金利の動向によっては変動金利にしたほうが有利だったということも考えられます。
変動金利でローンを組んでしまうと、返済額が、金利が変わることによって将来設計に支障が出てくるかもしれません。
変動金利を選択すると良いでしょう。
数年で金利が大幅に変わってしまうということはありません。
固定金利は変動金利よりも高く設定されているため、返済額が多くなってしまうことが予想されます。
繰り上げ返済を考えている方も、変動金利を選択すると有利になる場合が多いようです。
固定金利型住宅ローンでは、繰り上げ返済をするとき、手数料がかかります。
変動金利型住宅ローンですと、繰り上げ返済をするときの手数料がかからない場合が多いようです。

住宅ローンの借り換えを考えている方は、変動金利を選ぶと良いでしょう。
借り換えの場合に受けられる金利の優遇など、有利な場合が多いです。
posted by 123うさぎ at 21:21 | 住宅ローン

フラット 3 5 は 、最大35年ってすごいです。

フラット 3 5 は 、最大35年と言うのは異例と言えるプランなのです。
住宅ローンと比較して、様々なメリットがあります。
平均金利はおり、中には金利で住宅ローンを組める会社もあります。
手金利で長期間固定できるのですから、相当有利なプランと言えます。
融資対象物件が公庫よりも広かったり、繰上げ返済手数料がなかったりと、いい事ずくめです。
収入基準も公庫より緩いようです。
何より魅力的なのが、長期に渡る金利固定です。
金利の変動が一切ないと言うことは、ローンを組んだ時点で完全返済までの金額が全て決定すると金利上昇に伴う返済額の変動など一切気にする必要がなく、ない返済を行うことができるのです。

住宅ローンを借りる際に日不安に思うのは、金利の上昇によって返済が追いつかなくなる点だと思います。
フラット35にはその不安を取り除くために発案されたプランなのです。
posted by 123うさぎ at 21:44 | フラット 3 5 は 、最大35年

フラット 3 5 は 、最大35年

フラット 3 5 は 、最大35年と言うのは異例と言えるプランなのです。
住宅ローンと比較して、様々なメリットがあります。
平均金利はおり、中には金利で住宅ローンを組める会社もあります。
手金利で長期間固定できるのですから、相当有利なプランと言えます。
融資対象物件が公庫よりも広かったり、繰上げ返済手数料がなかったりと、いい事ずくめです。
収入基準も公庫より緩いようです。
何より魅力的なのが、長期に渡る金利固定です。
金利の変動が一切ないと言うことは、ローンを組んだ時点で完全返済までの金額が全て決定すると金利上昇に伴う返済額の変動など一切気にする必要がなく、ない返済を行うことができるのです。

住宅ローンを借りる際に日不安に思うのは、金利の上昇によって返済が追いつかなくなる点だと思います。
フラット35にはその不安を取り除くために発案されたプランなのです。
posted by 123うさぎ at 21:36 | 長期固定金利の住宅ローン

信用保証会社ってどんな会社?

住宅ローンを組む際、担保や保証人が必要です。借入を行った消費者に万が一のことがあって返済能力が消失してしまった場合に対するローン会社の保険です。住宅ローンはあまりに金額が膨大で、返済期間も長期に渡る為、連帯保証人になるリスクがあまりに高く、例え近しい人であってもまず自分がなろうと思う人はいません。
住宅ローンと言うシステムを成立させるには、別の方法で連帯保証を承る存在を生み出さなければなりません。

信用保証会社は、ローン利用者が保証料を支払うことで、連帯保証人となります。
膨大な金額なので、返済能力が追いつかないのです。
会社であれば、ローン会社も安心してお金を貸せます。
お金でお金を借りる為の信用を買うと言うのも奇妙な話ですが、こう言ったシステムにしないとローンは成り立ちません。
消費者と金融機関と言う信頼や情のない関係の中で貸し借りを行う訳ですから、客観的な立場の保証がないと立ち回りません。
このシステムは合理的といえます。
posted by 123うさぎ at 21:29 | 信用保証会社

長期固定金利の住宅ローン フラット35

住宅ローンのフラット35をご存じですか?フラット35とは長期固定金利の住宅ローンです。
フラット35は、信用金庫、信用組合などで扱っています。

最長で固定金利が適用されます。

フラット35は借り入れできる金額が物件の金額の9割までです。
住宅ローンを組むには頭金が1割以上必要です。
物件が、受託金融支援機構が定めた建築基準に適合していることが条件です。
住宅ローンを借り入れするには、諸費用がかかります。

フラット35は団体信用生命保険に加入しなくても、借り入れは出来ます。

現在は、各金融機関で長期固定ローンを扱っています。
金融機関にとっては、フラット35はあまり利益がないので、積極的にはすすめてこないと思われます。
条件によっては、借り入れできない場合と、銀行の住宅ローンしか借り入れできない場合、もしくは両方とも借入可能な場合があるでしょう。
住宅ローンを選択するには、それぞれの総額を出して検討してみるのが良いでしょう。
posted by 123うさぎ at 21:28 | 長期固定金利の住宅ローン

ボーナスで住宅ローンの返済

住宅ローンの返済にボーナスで併用をする人が減る傾向にようです。
ボーナス併用しなければ返済できないような住宅ローン計画は先のことを考えるとしれません。
ローンを返すためにボーナスのほとんどを住宅ローンに使ってしまっては、せっかくの収入も楽しみがなくなってしまいますね。
ローン返済は毎月払いだけにしておいた方が他の出費に備えることができて、家計には安心でしょう。
ボーナス併用を賢く利用することによって、住宅ローンの返済が先々楽になることもあります。
先々いろいろな出費があることが予想されても現在は割と返済を余裕でできそうだというときは、余裕があるうちの分だけボーナス併用にすると良いでしょう。
ボーナス併用で返済期間を繰り上げ返済と同じ効果を出すこともできます。

住宅ローンは基本的には返済で納まるようなローンの組み方にしておいた方が無難です。
ボーナス併用をしなければ返済できないようなローンは、後々になってのリスクが高くなる恐れがありますので注意しましょう。
posted by 123うさぎ at 21:24 | ボーナスで住宅ローンの返済

住宅ローン繰り上げ返済

住宅ローンの繰り上げ返済は、毎月の決まった返済額よりも住宅ローン残高を減らしてしまうことです。期間を変えずに毎月の決まった額を減らすこともできます。

住宅ローンの繰り上げ返済のやり方は2通りあります。
返済額は変えずに、返済する期間を短くするのです。

もう一つは逆で、支払期間を変えずに、毎月の返済額を減らす方法です。
ですが、毎月の支払う額が減りますので、その分生活が楽になります。
出費にお金を回したい世帯におすすめの方法です。


住宅ローンの繰り上げ返済では、一般的には手数料が発生します。
繰り上げ返済を行うよりも、まとめて行った方が効率的です。

住宅ローンの繰り上げ返済の注意点は、繰り上げ返済のしすぎでの資金不足です。
お金は戻ってきません。
資金不足に支払がでなくなってしまっては困ります。
手元のお金を繰り上げ返済に使ってしまうことのないよう、注意しましょう。
蓄えは必要です。
posted by 123うさぎ at 21:11 | 住宅ローン繰り上げ返済

住宅ローン控除について、

2010年に住宅を建築または購入・増改築するのに住宅ローンを利用した方は、申告すれば住宅ローン控除が受けられるかもしれません。
条件に該当すれば、是非、確定申告の際に申告しましょう。

住宅ローン控除は「住宅借入金等特別控除」といいます。

住宅ローンの税金控除は、年末の住宅ローンの残高によって税金が控除されます。
2007年度税制改定によって、控除の期間を最長10年と15年を選べるようになりました。

もちろんですが、所得税を支払っていることが原則です。
共有名義の場合は、共有者それぞれが控除を受けられます。
共有名義の場合は、共有者の合計所得が3000万円以下の場合です。

確定申告で重要な書類は住宅ローンの残高証明書です。
残高証明書は、融資を受けている金融機関から送られてくるものですので、なくさないように保管しておきましょう。
また、受けている住宅ローンの全ての物が必要です。

住宅ローンの繰り上げ返済をしている場合は注意しましょう。
繰り上げ返済をして、ローン残高がない場合は税金の還付はありません。

住宅ローン控除は敷地にも適用されます。
ただし、住宅と一緒に購入した場合です。

新築住宅の場合の適用条件です。
1.住宅の床面積が50平方メートル以上あること
2.上記の床面積の半分以上が自己の住居として使用されること
3.住宅ローンの返済期間が10年以上あること
4.控除の対象となる年の名義人の年間所得が3000万円以下であること
5.住居を取得後、6ヶ月以内に住み、適用を受ける各年12月31日まで住み続けること

posted by 123うさぎ at 21:10 | 住宅ローン控除

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンは?

三菱東京UFJ銀行では、ライフスタイルに合わせた金利プランの住宅ローンが選べます。
三菱東京UFJ銀行の「ずーっと金利優遇コース」は、契約から完済までずっと金利優遇が受けられる住宅ローンです。
変動金利の住宅ローンを選んでも、固定特約タイプの住宅ローンを選んでも、完済まで金利よりも年率1.0%の優遇が受けられます。

三菱東京UFJ銀行の「最初に大きな優遇コース」は、借り入れの始めに金利優遇が受けられます。
固定特約の期間が2〜5年ですと、年率0.4%、15・20年ですと年率1.0%優遇されます。
固定金利の期間が過ぎても、完済まで、金利が優遇になります。

借り入れから完済まで、固定金利で返済したいという方には、「ずーっと固定金利コース」、または「フラット35{保障型}住宅ローン
住宅金融支援機構と特定住宅融資保険を住宅ローンです。
21年以上35年まで、1年単位で返済期間を決められ、金利は変わりません。
保証料はかかりません。
posted by 123うさぎ at 20:59 | 三菱東京UFJ銀行

住宅ローンの借り換えをメリットについて、

住宅ローンの借り換えの目的は、支払いを軽くすることです。
ためには、住宅ローンの金利よりも低い金利のものに借り換えることです。

最近は、住宅ローンの借り換えを顧客を呼び込むために金融機関もいろいろメリットをつけているようです。
借り換えをするときには手数料がその金額も考慮に入れましょう。

借り換えを行う時の3つのポイントは、返済残高がどれくらいあるか、残りの返済期間はどれくらいあるか、そして金利はどれくらい差があるかです。
ローンの残高がどれくらいあるのか調べてみましょう。
残高は少ないと、有利になるとは限りません。
返済期間ですが、期間が短いと、借り換えをするメリットはありません。
借り換えのメリットはあると言われています。

次は金利ですが、既存のローンの金利と、新規のローンの金利を比べてみましょう。
金利の差が0.5%程度では、あまり軽減される金額に大きなメリットはないでしょう。
差がメリットが出るということです。

借り換えのメリットがない場合は以下の通りです。

・ 現在 、 2 % 程度 の 長期 固定 金利 で 借りて いる
・ 現在 、 優遇 金利適用 の 短期 固定 金利 で 借りて いる
・ 返済完了 が 近い ・ 一括返済 の めど が 立って いる
posted by 123うさぎ at 20:50 | 住宅ローンの借り換え

住宅ローンの事前審査は、本審査前の事前審査です。

住宅ローンの事前審査が何かといいますと、住宅ローンの審査が通るどうか不安な方のために、申し込み前に無料で行われる仮審査のことです。

住宅ローンの審査というものは、申し込みをして審査を受け、審査に通って融資を受けられるものでした。
申し込みから審査についての返事が来るまでに時間がかかってしまいました。
仮審査では、3日以内に返事をもらうことができます。
といって、本審査が確実に通るという確約がされたわけではありません。
本審査は、事前審査よりも、より慎重に、より深い審査が行われます。
本審査は保証機関が審査を行います。
審査の基準は明確ではありません。
金融機関によってまちまちです。
健康状態も考慮されますので、本審査は厳しいものとなりますが、通れば晴れて契約となります。
posted by 123うさぎ at 20:37 | 住宅ローン

no-title


住宅ローンの、変動金利について質問します。 H20年9月に住宅ローンを組んで、変動[ビジネス、経済とお金>家計、貯金>ローン]



住宅ローンの、変動金利について質問します。 H20年9月に住宅ローンを組んで、変動金利を選びました。 返済額の見直しは5年毎更新なので5年間は返済額が変わらないのですが、H25年1月支払いか ら、繰り上げ返済もしていないのに、毎月の返済額が5000円ほど減ってました。 満5年経ってないのに減る事はあるんでしょうか?





住宅ローンの金利について[その他(暮らしのマネー)]



こんにちは。 住宅ローンの金利について3点質問させてください。 1.住宅ローンの金利はどのくらいの期間で見直されるものなのでしょうか? 2.次回、いつ頃上がるかを推...



そろそろ終わった。



posted by 123うさぎ at 00:47 | 住宅ローン


日本有数の住宅ローンアドバイザー、リック・ジャパン
Drupal